武蔵一宮 氷川神社 ページの先頭
ご祈願のご案内

出張祭典・神葬祭

出張祭典

地鎮祭とは家屋や建物の建築にあたり土地の神様に対して工事の奉告と無事安全を祈願する祭典です。また、新たに神棚を祀る際の神棚奉鎮祭の他、会社団体の開所式も承ります。
美しい日本の伝統は家の中心に神棚を設け家族が心をあわせ神々の恵みに感謝し、明るく豊かな生活を築いていく事にあります。これは会社・団体においても同様で代表者のもとに心をあわせ共通の目標に向けて励むことに繁栄の基があります。神棚のない家庭や建築祭典においては大神様をお招きする神籬(ひもろぎ)を持参し祭典を行います。尚、家祓いをお申込みで簡易神棚をご希望の方は受付時にお申し出下さい。
出張祭典は事前申し込みで当日は自動車にてお迎えをお願い致します。
祭具を積みますので出来るだけトランクは空にお願い致します。
初穂料は3万円からのお気持ちになります。



祭典用具例

積載例

ご用意頂くお供え物(神饌物)は以下になります。
・米3~4合(500~700g)
・酒1升
・頭付生魚1匹
・海菜(わかめ、昆布等)1盛
・時期の野菜1盛(2~3種類で5~6個)
・時期の果物1盛(2~3種類で5~6個)
・湯呑半分位の塩
・コップ1杯くらいの水
地鎮祭、起工式は上記の外、笹竹4本、砂1盛用意願います。

上棟祭の棟札も希望により授与致します。ご希望の方は上棟祭の1週間前までにお電話でお申し込み下さい。
当日雨天の場合は1間(約1.8m)×2間(約3.5m)のテントをご用意頂き、ご用意頂けない場合は延期願います。

出張祭典は以下になります。詳しくはお電話か社務所に来社の上、お問い合わせ願います。
・地鎮祭(起工式) ・井戸埋め ・木の伐採
・池のお祓い ・上棟祭 ・竣工祭 ・家祓い
・家の取り壊し  ・事務所開き(開所式)
・神棚奉鎮祭  ・工事安全祭 ・枉事祓い
・邸内神社の祭典 ・神上げ祭 ・その他

式次第(地鎮祭の例)

修祓
地鎮祭祭場図 (一例)
降神
献饌
祝詞奏上
四方祓
地鎮の儀
玉串奉奠
撤饌
昇神
尚、乾杯の準備が御座いましたら、此の後神酒拝戴の儀を執り行います。

地鎮祭(祭壇)

地鎮祭(修祓の儀)

地鎮祭(祝詞奏上の儀)

地鎮祭(地鎮の儀)

神葬祭

神道で行う葬儀を神葬祭といいます。通夜祭、翌日に葬場祭(告別式)、火葬祭、帰家祭、十日祭を行います。奉仕神職は1人奉仕、希望により2人奉仕、雅楽奉仕を致しますが、お受けできない場合もございます。神職が祭詞の中で受付時に、故人のご遺徳を称えると共に、御霊をお慰め申し上げる為、受付時に故人について経歴等をお尋ね致します。

出張祭典、神葬祭に関する問い合わせ先
048(641)0137

年祭

人が亡くなると、その御霊は御祖の御霊と共に累代の祖霊舎に鎮祭されて一家の守護神となります。ここに祖先は子孫を見守り子孫は祖先を敬うという関係が成り立ちます。
神葬祭の後、一定の期間を経て霊前及び墓前で行う追慕のお祭を年祭といいます。
一年祭の後は三年、五年、十年、三十年、四十年、五十年、百年と続きます。

このページの先頭へ

ご祈願のご案内