武蔵一宮 氷川神社
七五三詣のご案内

七五三詣のご案内

七五三詣は神社にお参りして、誕生からこれまでの健康を感謝するとともに、これからの成長を祈る人生の大切な節目です。
「七つまでは神の内」といわれますが、これは子供を無事に育て上げる事がいかに大変であったかを伝える言葉です。
ご家族の皆様には、お子様の健やかなるご成長をお祈りするためのご参拝を心からお待ちしております。

ご祈祷の受付手順

  1. 01
    申込用紙に記入し、初穂料(ご祈祷料)を添えてご祈祷受付にお出し下さい。千歳飴(9月1日~、無くなり次第終了)は受付時に、お札はご祈祷終了後にお渡し致します。尚、ご祈祷の事前予約は出来ません。
  2. 02
    待合所でお待ち下さい。
    受付時にお渡し致しました番号札でご案内致します。
  3. 03
    ご祈祷。30分ごとに行いますが、混雑状況により20分ごと、人数制限がかかる場合があります。
  4. 04
    祈祷札を受取り終了。
七五三詣の御祈祷の際には以下の物をお渡しいたします

七五三態勢について

10月下旬、11月の土日祝日は混雑緩和のため、七五三特別態勢をとっております。七五三祈祷は本殿、その他の祈祷は祈祷殿の二カ所に分かれて行います。(尚、この場合は通常時と異なり千歳飴はご祈祷終了後のお渡しです。)

七五三祈祷にあわせて他の祈祷を申し込む方は、祈祷殿でご一緒に行います。この態勢は、終日ではなく状況により解除、祈祷場所は祈祷殿のみになります。

境内図

令和3年9月

1日(先勝) 2日(友引) 3日(先負) 4日(仏滅)
午前
午後
5日(大安) 6日(赤口) 7日(友引) 8日(先負) 9日(仏滅) 10日(大安) 11日(赤口・戌)
午前
午後
12日(先勝) 13日(友引) 14日(先負) 15日(仏滅) 16日(大安) 17日(赤口) 18日(先勝)
午前
午後
19日(友引) 20日(先負) 21日(仏滅) 22日(大安) 23日(赤口・戌) 24日(先勝) 25日(友引)
午前 少し混雑 少し混雑
午後
26日(先負) 27日(仏滅) 28日(大安) 29日(赤口) 30日(先勝)
午前
午後

令和3年10月

1日(友引) 2日(先負)
午前
午後
3日(仏滅) 4日(大安) 5日(赤口・戌) 6日(先負) 7日(仏滅) 8日(大安) 9日(赤口)
午前 少し混雑 少し混雑
午後
10日(先勝) 11日(友引) 12日(先負) 13日(仏滅) 14日(大安) 15日(赤口) 16日(先勝)
午前 少し混雑 少し混雑 少し混雑 混雑
午後 少し混雑
17日(友引・戌) 18日(先負) 19日(仏滅) 20日(大安) 21日(赤口) 22日(先勝) 23日(友引)
午前 大混雑 少し混雑 混雑
午後 少し混雑 少し混雑
24日(先負) 25日(仏滅) 26日(大安) 27日(赤口) 28日(先勝) 29日(友引・戌) 30日(先負)
午前 少し混雑 少し混雑 少し混雑 少し混雑
午後
31日(仏滅)
午前 少し混雑
午後

令和3年11月

1日(大安) 2日(赤口) 3日(先勝) 4日(友引) 5日(仏滅) 6日(大安)
午前 少し混雑 大混雑 少し混雑 大混雑
午後 少し混雑 混雑
7日(赤口) 8日(先勝) 9日(友引) 10日(先負・戌) 11日(仏滅) 12日(大安) 13日(赤口)
午前 少し混雑 少し混雑 少し混雑 少し混雑
午後 少し混雑
14日(先勝) 15日(友引) 16日(先負) 17日(仏滅) 18日(大安) 19日(赤口) 20日(先勝)
午前 少し混雑 少し混雑 少し混雑 少し混雑
午後 少し混雑
21日(友引) 22日(先負・戌) 23日(仏滅) 24日(大安) 25日(赤口) 26日(先勝) 27日(友引)
午前 混雑 少し混雑 少し混雑 少し混雑
午後 少し混雑
28日(先負) 29日(仏滅) 30日(大安)
午前 少し混雑
午後

境内での撮影について

ご家族での撮影

特に申請の必要はありません。

境内の写真館に
撮影を依頼したい方

スタジオ撮影、ロケーション撮影など中村写真館までご連絡をお願い致します。

外部プロカメラマンによる
出張撮影は時期により申請が
必要となります

8月末までは特に申請の必要はありません。
9月1日から年内は、外部プロカメラマンによる出張撮影はご祈祷を受けた方に限らせて頂きます。また、事前に撮影許可申請書の提出が必要となります。

9月1日からの
外部プロカメラマンの
撮影申請手順

申請は依頼主・カメラマンのどちらでも構いませんが重複しないようにお願い致します

  1. 事前に撮影許可申請書を提出

    初宮詣・七五三詣 撮影許可申請書

    PDF版Excel版

  2. 当社から撮影許可腕章のナンバー記載のメール送信
  3. 当日、御祈祷受付時にメール画像提示またはプリントアウトして提示
  4. 腕章貸与。撮影中カメラマンは着用の事
  5. 撮影終了後、お札所または社務所に返却

ご自宅にプリンター及びFAXをお持ちでない方は必要事項をお書きになり、郵送でお送り下さい。
メールでの送付をご希望される方は「@musashiichinomiya-hikawa.or.jp」の@より前の部分のアドレスをお伝えしますのでご連絡下さい。担当不在の場合はお答え出来ません。予めご了承下さい。
また、これまでに頂いておりますお問い合わせの内容をトップページのお知らせに掲載致しますのでそちらもご覧下さい。

送付先

氷川神社広報課宛
〒330-0803 埼玉県さいたま市大宮区高鼻町1-407
FAX 048-647-1213

さいたま市内のフォトスタジオの方

各フォトスタジオで撮影された後に、参道でロケーション撮影を希望される方は、神社駐車場を使用しない前提で、申請無く撮影して構いません(七五三のみ)。

感染症対策のための当社の取り組み

感染症対策のために参拝者の方へのお願い

ページトップへ