武蔵一宮 氷川神社 ページの先頭
祭典のご案内

大湯祭

大湯祭は当社の特殊神事中最も著名なもので、元は当社の男体社、女体社、簸王子社の内の簸王子社の祭祀と伝えられ「武蔵州足立大宮氷川太明神縁起之書」によれば至徳二年(1385)12月10日に干柴薪を焼いて炉壇のようにし、これを踏む火剣祭礼を行ったとあり、また延宝年間(1673~1681)の社記には既に大湯祭の文字が見えて居りますので、相当古い時代から行われて来た祭典と思われます。「大湯」の由来は釜で湯を沸かし、その湯により清めを行った為と伝えられます。12月10日の本祭に酉の市がたつ為、十日市(とおかまち)・熊手市ともいわれます。11月30日より12月11日まで12日間に亘る長い祭典です。

前斎 11月30日~12月9日


大湯祭-前齋

毎夜7時半に境内にかつての火祭りを伝えるかがり火をたき上げ祭事を行いますが、この火にあたると無病息災、火防の御神徳にあずかれるといわれます。11月30日より大湯祭本祭の為に神職は神社に篭り潔斎致します。

本祭 12月10日


百味膳

本祭のお供え物は米、酒、百味膳、菱餅、海老、長芋、串付の大鮒になります。百味膳(百取膳ともいいます)は海川の物八種、山野の物八種で一膳とし、種々の神饌をすべて熟饌(調理した神饌)にして、本殿、摂末社あわせ百膳をお供えします。この日は特別に御祭神の大己貴命(大国様)と少彦名命(恵毘須様)の御影(福神札)や福熊手、福財布、福種銭を授与しております。
また伊勢の神宮の御神札(神宮大麻)はこの日から授与いたします。10日の神札授与時間は0時から23時までとなります。
この日にあわせて酉の市がたつ為、十日市(とおかまち)ともいい、境内や参道に熊手や神棚(宮型)、様々な露店など約2000軒が立ち並び、大いに賑い手締めの声と拍手の音が響き渡ります。

後斎 12月11日

解斎のお祭で本殿祭の後、饗膳式(きょうぜんしき)という古式床しい直会の儀が執り行われ「幾久(いくひさ)、幾久」と社頭隆盛の言祝ぎを発し、神酒を拝戴致します。

このページの先頭へ

祭典のご案内